所 在 地  沖縄県糸満市字摩文仁(平和祈念公園内)
建立年月日 昭和43年2月20日
敷地面積  996.9 平方メートル
合祀者数  45,500余柱 (沖縄戦戦没者 582柱)
管理団体  宮城県

碑  文

いま、わが国は、経済的にも文化的にも世界に類例のないほどの発展を遂げ、われわれ国民は平和と繁栄を享受し、大きな希望をもって限りない前進をつづけています。
しかしながらこの平和のかげにはなにものにもかえられない尊い一命を捧げられた幾多の同胞のあることを忘れることができません。
とりわけさきの大戦に従軍し、北辺の広野に、南海の孤島に、あるいは空に、海に勇戦奮闘し、惜しくも散華された勇士は、全国で300万人、本県の戦没者は、約45,500人の多きにおよび、その多くは、望郷の念にかられながらも、いまなお戦場となった異国の地に眠りつづけておられるのであります。
ここにおいて10余年前から「それぞれの戦場での弔魂は不可能であるがせめて戦没者同様海を渡り、特にわが本土を戦場から救った、今次大戦最後の決戦場沖縄本島に戦没者の慰霊塔を建立したら」という声が盛り上り数年来沖縄への渡航者の増加とともにその要望が高まりましたので、沖縄本島「摩文仁の丘」に180万県民の心から感謝と平和の願いをこめて慰霊塔「宮城之塔」を建立することに決定したのであります。