所 在 地  沖縄県糸満市字摩文仁(平和祈念公園内)
建立年月日 昭和39年11月11日
敷地面積  1,827 平方メートル
合祀者数  19,847柱 (沖縄戦戦没者 544柱、南方諸地域戦没者 19,303柱)
管理団体  一般社団法人 青森県遺族連合会

碑  文

本県南方戦没者1万9847人の慰霊のため、遥か郷土の秀峰岩木山の原石を船で運び、6地区遥拝のために副碑を配置して、昭和39年11月、県民の誠心を込めて「みちのくの塔」が建立された。以来、数回の補修工事や環境の整備を行い、碑前においては、毎年県人多数の参加の下、盛大に慰霊祭を挙行し今日に至る。時移り人変わりて、今後詣でる人々のために歴史的事業である「塔の由来」を碑文に残す重要性を思い、ここに青森県遺族連合会創立50周年記念事業として、木村知事謹作の和歌を献じ「みちのくの塔の由来」の碑を建立する。

平成9年11月11日